続・あるブームを起こした話


スポンサードリンク

f:id:kakadaisyou:20210128153749p:plain

皆さん、こんばんは。

昨日の続きです。

友人に、はがきリクエストの採用を先を越された私。

このまま引き下がれない。

アホな頭をフル回転させ、浮かんだ作戦。

さてさて、どんな作戦だったのでしょうか?

果たして、伝えたい相手にメッセージは届くのでしょうか?

始まり始まり。

 

ブームを起こしたある行動

 

交渉開始

私が、閃いた「ある作戦」とは?

翌日、同じクラスのある男子生徒に声を掛けました。

「放送部、話があるから、 ちょっと付き合え」

「えっ?何の用よ」

「ええから、ちょっとこい」

 

実は、私の中学は、昼休みと放課後に、放送部の活動で、音楽を流していました。

昼に弁当を食べていて、いつも流れている音楽に気付いたのでした。

 

別に、ラジオでなくても、学校の放送で十分だ。

そもそも、伝えたい相手がラジオを聞いていなければ意味がない。

ちょっとハードルを下げ過ぎな感は否めないですが、自画自賛のアイデアです。

 

「学校の放送を使って、リクエスト曲&コメントを流してもらう大作戦」

 

完璧でしょっ(((o(*゚▽゚*)o)))

 

私が呼び出した奴は、放送部員でした。

あまり話したことは無いのですが、こいつに頼るしかなかったのです。

とにかく頼み込みました。

「無理、無理、無理」答えは、とにかく無理という返答でした。

彼が言うには、前例のないことなので、自分では決めることが出来ない。

何より顧問に怒られるかもしれない。

「先生に怒られたら、俺の名前を出してええから」

「俺がここまで頼んどるんやから、わかるやろ?頼むわ」

 

最終的には脅しまがいのお願いでした(笑)

彼は、私のお願いを聞く義理などないのに気の毒ですね。

 

校内放送開始、校内騒然

ついに放送当日、私は昼休みに、他の教室が見渡せる、音楽室で、一人で弁当を広げて

いました。

音楽室からは2年、3年の教室が良く見える。

みんなの反応を見たかった。

一人になった一番の理由は、ちょっと照れ臭かったからです。

 

昼の放送が始まりました。

ドキドキしました。天井を見上げてたと思います。 

「今日は、ある生徒からのリクエスト曲と、コメントがあります」

「ペンネーム、右手が恋人さん」

「サッカー部の先輩、3年間お疲れ様です。そして有難うございます

後のことは俺に任せといてください。」

「H₂O 想い出がいっぱい」

 

教室がざわついているのが、よくわかりました。

友人が私を必死に探している。

ニヤニヤが止まりませんでした。

恥ずかしさを通り越して、達成感が勝り、ガッツポーズです。

 

大成功!放送部でかした!

 

ただ、これでは終わりません。

先生が騒ぎ出す前に、もう一仕事です。

翌日の昼の放送にもリクエストをぶち込んでやりました。

 

 

「今日も、右手が恋人さんからのリクエストです」

「キョンちゃん、いつもありがとう。離れるのは寂しいけど、春から高校頑張ってね

「村下孝蔵 初恋」

これは、私の母親の幼馴染の娘さんで、一つ年上のお姉ちゃんへ向けてのメッセージで

す。本当に姉弟みたいに育った人でした。

友人の「○○ちゃん、好きです」に対抗したかったのですが、好きな子がいなくて、

彼女のことがすぐに浮かんだので、名前を使わせてもらいました。

音楽室から眺めた教室は、大盛り上がりでした。

気持ちよかったですよ。

※メッセージは多分こんな感じ程度しか覚えてません。スミマセン、、、

あいつは1回、俺は2回。がははは

 

大大大成功! 俺の勝ち~っ!!

 

放送してもらっていて、偉そうなことは言えませんが、

1回目のリクエスト曲は 「ザ・バーズ 振り向くな君は美しい 」

👉知る人ぞ知る、高校サッカーのテーマソング。今聞くとなんか微妙ですね。

 

2回目のリクエスト曲は 「サイモン&ガーファンクル サウンドオブサイレンス」

👉S&Gはキョンちゃんの親父さんが好きで、影響を受けました。これを流せばキョンちゃんも解ってくれ       るかな?と思いリクエストしたのですが、、、、

 

 

2曲ともテープが用意出来ず。

おいおい、放送部しっかりせいよ(# ゚Д゚)

ブーム到来

案の定、職員室に呼び出され、担任の先生には注意を受けました。

「良かったよ」「面白い試みやな」とほめてくれる先生もいました。

放送部にはお咎め無しだったようです。

放送部にお礼を言うと、

「あれから凄い反響で、リクエストがいっぱい来てる」

「部活が楽しくなって、みんな喜んでる。こっちがお礼を言いたいくらい」

 

まぁ、喜んでくれてるなら、それでいいかぁ、、、

それからしばらく、昼の放送はリクエストコーナーが設けられ、コメントを添えて放送

されました。

私は、もう興味がなくなり、あまり聞いていませんでしたが(;^ω^)

 

祭りの後

「右手が恋人」って誰やねん?

「右手が恋人」ってどういう意味やねん?

「キョンちゃん」って誰?

「右手が恋人」とキョンちゃんは付き合ってるんか?

 

しばらく、学校ではこの話で持ちきりだったとか?

おいおい、感動のコメントの反響はないんかい、、、

 

「キョンちゃん」って呼び方は私と彼女の間だけなので、「キョンちゃん」の正体は私

達二人しかわからないはずです。たぶん、、、

放送当日の夜に、私の母親に、キョンちゃんのお母さんから電話があったそうです。

キョンちゃんは、選曲が選曲だったので、「これ告白?」と顔から火が出るほど恥ずか

しかったようです。

でも、すごく喜んでくれていたそうです。

自分でも、放送後に、調子に乗り過ぎたかなぁ~なんて思っていました。

怒ってなくて良かったです。

 

そして、「ヤンリク」で競っていた友人からは、

「俺の負けや、けど一言ええか」

「なんや」

「お前、ヤンリクに、あのペンネームでリクエストしとったんか?」

「そうやで」

「おまえ、あのペンネームでは、採用されるわけないやろ、アホか」

「マジ、、、」

ヤングリクエストは下ネタ厳禁の番組だったそうです。知らんかった、、、

 

祭りのおわり

そうそう、放送部のリクエストコーナーは、どんどんエスカレートしていき、

一部の馬鹿どもの告白合戦が始まり、先生から風紀の乱れと指摘され、無くなってしま

いました。

 

私がリクエストをしたということは、すぐにバレたみたいで、

「キョンちゃんって誰なん?」

周囲の興味はコレみたいでした。

結局、面倒なので、キョンちゃんという彼女がいることにしてたと思います。

 

2年生が終わる頃には、いつもの昼の放送に変わっていました。

ブームって去るのは早い、、、ですね。

 

追伸

昨日、コメント欄で素晴らしい推理を有難うございます。

もしかして、同級生?

そのと~りの展開でした(;^ω^) お粗末様です。

 

f:id:kakadaisyou:20201107112911p:plain

 

 

 

皆さん、注目ですよ