あるブームを起こした話


スポンサードリンク

f:id:kakadaisyou:20210128153749p:plain

皆さん、こんばんは。

今日、営業車の中で、ラジオ越しに、懐かしい歌が流れました。

村下孝蔵さんの「初恋」

五月雨は緑色 悲しくさせたよ一人の午後は♬って歌。 

私が中学の時に流行った歌なんですが、この歌は大好きなんです。

そして、中学時代のある出来事を思い出しました。

 

ブームを呼んだ、ある行動

 

中学2年生の頃のマイブーム

私が中学2年生のちょうど今頃のお話です。

当時、私達の娯楽の一つに、「ラジオ」がありました。

今のように、インターネットなんてものが無かった時代。

ラジカセで、音楽やラジオを聞いていた若者は多かったでしょう。

私もその一人です。

ただ、私はラジカセを持っておらず、じいさんからもらったラジオで、ラジオ番組を楽

しんでいました。

 

MBSラジオ「ヤングタウン」通称ヤンタン

ABCラジオ「ヤングリクエスト」通称ヤンリク

 

この「ヤンタン」という番組は、多彩なパーソナリティーが曜日ごとに、番組を担当

し、曜日ごとのコーナーの進行と、トークで盛り上げていた番組です。

明石家さんまさん、島田紳助さん、笑福亭鶴瓶さん、谷村新司さん、原田伸郎さんが出

演されていた時期はよく覚えています。 

 

それに対して、「ヤンリク」はリスナーからの、はがきによる楽曲のリクエストを

 受け付けて、幅広い年齢層に支持されていた番組でした。

パーソナリティーは局のアナウンサーだったと思います。

 

当時、親しい友人の間で、「ヤンリク」への、はがきリクエストにコメントを書くので

すが、それを誰が1番最初に読まれるのかを競っていました。

 

ついに読まれたリクエストはがき

ちょうど、中学生2年生の12月ぐらいだったでしょうか。

友人の一人が出したはがきが、ついに読まれたのです。

記憶が曖昧ですが、飯島真理さんの「愛・おぼえていますか」だったと思います。

コメントには

「○○ちゃん、好きです。あなたにこの歌を贈ります」みたいなことを読まれていまし

た。

 

私は、一瞬耳を疑いましたが、ペンネームも、リクエスト曲も聞いていたので、間違い

ない。 

自分の事のように、喜びましたよ。

もう、深夜に大興奮でした。

 

と同時に

「何が○○ちゃん、好きです。じゃぁぁ~(# ゚Д゚)」

 

「うぅぅぅ・・ちょっと、、、羨ましい~っ」

 

「くっ、悔しい~っ」

 

心の狭い私は、仲間の快挙より、悔しい気持ちを胸に、翌日学校へ。

教室に入るや否や、

「大笑、昨日聞いたか。俺の勝ちやぞ」 

「聞いたわ、なんじゃあの生意気なコメントわよ。恥ずかしないんか?」

「まぁそう悔しがるな、そのうちお前も読まれるわ」

勝者の余裕でしょうか、どこまでも上から目線、、、

悔しいったらありゃしない。

 

月日は流れ、、、

結局、私のはがきは採用されず、ちょうど今頃だったと思います。

「俺、もう無理。」

ついに敗北宣言です。

もう、周りも、ブームが過ぎたがごとく、リクエストをしてなかったようです。

でも、悔しい~っ。

実は、どうしても、コメントを届けたい人がいました。

敗北宣言をしたものの、諦められない。

でも、はがきを書く気力がない。

何より、放送をずーっと聞く気になれない、、、

f:id:kakadaisyou:20210128233232p:plain

考えましたぁ~ひたすら考えました。

面倒だから、直接伝えたほうが早いか?

いやいや、なんか違う。

あぁ~面倒くさい。

 

「あっ、その手があった!」

そんな時に、私は凄いことを思いつきました。

いやぁ~考えてみるもんだ。

 

ちょうど、昼休み。

弁当を食べながら、あることに気付きました。

そのあることとは?

 

眠いので、明日続きを書きます。お楽しみに(笑)

f:id:kakadaisyou:20201107112911p:plain



 

皆さん、注目ですよ