結果オーライ、それも人生さ【後編】


スポンサードリンク

f:id:kakadaisyou:20201025160510p:plain

こんにちは。大笑です。

後編の始まりです。 

 

 

我が盟友、お局ちゃん

日の出まで頑張ります。

色々と話をしました。彼女と知り合って、そんな時間は立ってませんでしたが、その時

間を追い越すことが出来るくらい中身のある話が出来ました。

 

しかし、彼女は会社に戻ることをまだ、躊躇していました。

仕方ないと思います。人に疑われるということは辛い事ですから。

それからも、あれこれと話をしました。

気が付いたら、深夜を過ぎていました。

話も、説得することから大きく逸れて、雑談になっていました。

この時間まで来たら朝まで頑張ろう。

「お前、朝まで付き合えるか」

「大丈夫やけど、眠たい」

「車で寝とけ、起こしたるわ」

一人、波止場で考えていました。

アホな頭をフル回転させ、考えました。

こういう時にかける言葉なんて、持ち合わせていませんでした。

 

ようやく朝日を見ながら伝えたいことを思いつきました。

伝えたいこと、それは、私が何かの本を読んだ時に、感銘を受けた言葉です。

 

元気を出してもらうには、日の出でしょ(笑)

 

あばらが死ぬほど痛い。クソゴリラめ、、

 

車で、彼女は良く寝ていました。

こいつを連れ戻さないと、社長や常務に合わす顔がない。

あばらの痛みのおかげで、眠気は無いのですが、痛みで気が遠くなりました。

 

太陽が昇り始めました。

大笑「見てみ、綺麗ぞ」

お局「わぁ綺麗な」

大笑  

「今から、ちょっと柄にもない事言うぞ。よう聞けよ。俺もお前も、自分では輝くことの出来ないお月さんなんや。でもこの会社におったら、社長と言う太陽が照らしてくれる。あの人は凄い人や。俺は、あの人が俺の人生も輝かせてくれると信じてる。だからクソみたいな仕事もやったる。どんなことでも耐えたる。お前も会社に戻ってこい。この会社でいっぱい照らしてもらえ。いやな過去も全部かすむくらい照らしてもらえ。」

これが伝えたかったのです。丸暗記のセリフですが、、、

それでも、一世一代のセリフでした。必死だったので恥ずかしくは無かったです。 

彼女は、しばらく黙って日の出の海を見ていました。

お局

「ありがとう。私はお月さんかぁ。考えたこともなかった。明るくしてないと駄目やと思ってた。お母さんや、周りの人間に心配かけたらあかんって思って、明るく振る舞ってた。でも、無理せんでええんやな。会社に戻りたい。またみんなと働きたい。」

大笑「当たり前やろ、とっとと戻ってこい。」

お局「今度、またお月さん見に行きたい。連れてってよ」

大笑「なんで、月やねん」

お局「太陽は眩しいだけやんか」

大笑「えっ、、?太陽は嬉しくないの、、、」

お局「綺麗けど、眩しいだけやん」

大笑「そうですか、、( ̄▽ ̄;)」

 

お局「・・・大笑、、、ありがとうな」

大笑「いや、礼は社長と常務に言え。心配しとったぞ」

 

この時、はじめて「大笑」と呼んでくれたはずです。

それまで、あんたか名詞なしでした。距離がぐっと近づいた気がしましたし、なんだか

嬉しくなったことを覚えています。 

後で考えたら、会社に戻って来てくれるより、「大笑」と呼んでもらった方が嬉しかっ

たように思います。

気付いたら、彼女は私に寄り添って来ました。普通なら嬉しいのでしょうが、バカみた

いに密着してくるのです。1秒でも早く離れて欲しかったです。

 

あの~あばらが折れているのですが、、、痛いです。

あばらが痛くて、抱き寄せることも出来ない。せっかくのチャンスが、、、世の中は上手く出来てますね。

 

お局「大笑、私元気出た。今から会社行こ」

大笑「いや、、明日でええんと違うん」

お局「善は急げやん。今から会社行って社長やみんなに謝る。」

大笑「いや、、まだ誰も出勤してへんし、病院に行かせてくれ、、」

お局「一人やったら、何か気まずいから、お願い。付き合ってよ」

大笑「いやいや、そんな可愛い声出しても、無理。あばらが痛い、、、」

 

結局、事務所で一緒に、社長を待ちました。

その前に、クソゴリラ常務が出勤してきました。

常務「おっ、お局ちゃん、久しぶり。今日から復帰か?」

お局「勝手してすみませんでした。いつでもいいので復帰させてください」

常務「社長がもうすぐ来るから、聞いてみ」

常務「それより、横の君、顔色悪いぞ。どうしたんや。あははは」

大笑「あばらが痛いんじゃ。お前のせいやろがクソゴリラが、、、」👈心の声です

社長は、二人の姿を見て、今日は帰って明日からおいでと笑ってました。

社長「それより二人は付き合っとんのか?」

常務「横の人はそんな甲斐性ないですわ あははは」👈それは正解かも

お局「そんなんと違いますよ。でも今回は大笑に助けてもらいました」

大笑「クソゴリラはいつか殴る。早く病院行きたい」👈心の声です

 

帰り際に社長から

「今日、お前がしたことを、一生忘れるな。ようやった」

お褒めも言葉と、日当を下さいました。 

結局、お局ちゃんに病院に連れていってもらいました。

再度、レントゲンを撮ってもらうと、もう一本、ヒビが発見されました(笑)

めちゃくちゃ重傷やん、、、労災ではないのか?

でも、仲間が帰って来ました。社長に褒められました。

あばらは痛いけど、嬉しい日になりました。

 

お局ちゃんは、この話は、誰にも話しません。

ええ話なんやから、話をもっともっと美化して社内中に広めてくれ言うと、いつも笑い

ながら。

「この話は勿体ないから、誰にも話せえへんねん。誰かに話ししたら減るやん。あんたも誰にも言ったらあかんで私とあんただけの、思い出なんやから。」

減るわけでもないのですが、そういうことにしときましょ。

 

その後、彼女は凄く明るくなったように思います。誰にでも笑顔で接するようになりま

した。

今では、人の痛みをわかる、優しい人間として、年下の子達からも慕われています。

良い先輩として活躍をしています。母親になった事も要因なのかもしれませんね。

まだまだ、私の足元にも及びませんがね!

彼女も、私のその部分は認めてくれているようです。

認められると、むず痒いですが、、、

ただ、彼女は見えないところで、凄く悩み、努力したんだと思います。

人間は変わることが出来ると教わりました。

 

 

それぞれの道

縁とは不思議なものです。

お局ちゃんとは、それぞれ別の家庭を持ち、違う道を進みました。

彼女は、別の男性と交際をし、ゴールインしました。

私自身、不思議と、嫉妬したり、落ち込むことはなかったです。

ただ、結婚前は色々とありました。

ただ1度だけ、子供さんを出産した時に、凄くお局ちゃんが、遠いところに行ってしま

ったような気がして、寂しく思ったように思います。

 

私は、この会社に人生を賭け、家庭より会社と、自分に言い聞かせて来ました。

実際、子供の行事なんて行ったこともないですし、学校の節目も顔は出していません。

会社のためなら、家庭は犠牲に出来ます。

私には家庭と仕事の両立は無理です。

それは、結婚前から嫌と言うほど話し合いました。

ですから、嫁さんは、会社のことに関しては一切触れて来ません。

こんな不器用な私に、

「あんたが、器用に生きたら気持ち悪いやん。でも、ここ一番、絶対に逃げへんところは認めとるから安心して。」

 何度も背中を押してくれました。

 

でも、お局ちゃんは、自身の幼少期のトラウマがあります。感受性が強すぎるのです。

絶対に私の考え方、生き方には合わないと思っています。絶対に耐えることは出来な

いと思っています。

今の距離だから、仲良くできるのでしょう。

それぞれの進んだ道は間違っていなかったのでしょう。

 

 

最後に

 彼女とは、創業期に出会えたことが良かったのだと思います。

一度、今回お話したことを、社長と常務にだけ話したことがあります。

社長は、

「仲間を大切に思う、その気持ちは絶対に忘れるな。お前の行動は、一人の人間を救っ

たかも知れん価値ある行動やぞ。人として成長したんと違うか?」

嬉しかったです。社長の言葉が自信になりました。

常務も

「お前は、アホやけど、仲間を思う気持ちは、誰にも負けへんはずや。会社が大きくな

るには、不可欠な人材やと思ってる。これからも頼むぞ」

アホは余分ですが、珍しく褒められました。

「俺は間違ってなかった」と思えました。

そんな立派な行動ではなく、使命感だけで動いたのですが、その結果、彼女と仲良くな

れましたし、今も仲間として一緒に働いています。

今の私の礎となった出来事でした。 

人を思う気持ちは、時には凄く大きな力になるのですね。

そしてその力は、自分を成長させ、仲間も救うことが出来るのでしょう。

私の人生は「結果オーライ」連続ですが、そこには行動を起こすことが不可欠です。

行動を起こさないと何も起きません。

気付かせてくれた彼女には感謝しかありません。

 

 

f:id:kakadaisyou:20201107112911p:plain

皆さん、注目ですよ