仕事で役得 【施設警備編】

f:id:kakadaisyou:20201029235717p:plain

皆さん、こんにちは。

長年仕事をしておりますと、色々な経験をしますよね。

仕事なんて、辛い事の方が多いですが、今日はいい経験を御紹介します。

仕事の中には、役得だな~ぁと経験があります。

今日は、仕事中に大失敗?をしてしまったのですが、結果、いい経験をさせていただき

ました。というお話です。

 

仕事で役得 施設警備編

ある施設の受付業務

私が今の会社に入社した頃の、最高峰の業務でした(笑)

まず、仕事が楽なんです。そして日当が高い。なかなか新人には、回ってこない業務で

したが、たまたま、先輩の都合が悪く、運よく私に回って来ました。

 

某企業の研修施設だったと思います。

泊りの仕事ですが、受付と、戸締り、簡単な設備の管理で、のんびりと仕事が出来るの

で社内では人気の業務でした。

仮眠の時間もあるので、次の日の昼間も別の現場で働けるため、そこも人気のある理由

なのでしょう。

 

業務の内容だけでなく、夕食と朝食が無料なのも助かります。

なにより、大浴場があり、宿泊者が使用した後、貸し切りで使えます。

サウナにジャグジーと贅沢な時間が過ごせます。いつもはカラスの行水の私が、1時間

ぐらい入ってました。

 

全国から、研修に来られるため、前の日から泊りで研修に来られます。

私が業務に就いた日は、中堅女性研修だったと記憶しています。

月曜日の夜に入館し、金曜日に退館されたと思います。

年齢層は30前後の方だったと思います。

 

当たりを引いた

この研修は当たりでした。

(月)~(金)の通しの研修は、入館受付が月曜日だけで済みます。

しかも、女性の場合、夜の宴会もないことが多いので、宴会後の片づけもなし。

風呂も早くから入ってくれるので、風呂も早い時間に閉めてしまえます。

おっさん研修でしたら、宴会で夜遅くまで寝てくれないため、こっちも寝るわけにはい

きませんし、ひどい奴は、外に飲みに行ってしまうため、帰って来るまで、玄関も閉め

るわけにはいきません。

 

ちょっとエロい、かくれんぼ 

確か、2日目だったと思います。

その日は、いつも通りの業務をこなすだけでした。

食事開始の時間と浴室利用時間を、館内放送を使い案内し、浴室の入り口に時間の案内

を掲示しました。

その日の浴室利用時間は19:00~23:00だったと思います。

23:30頃に、私の待望の入浴タイムです。

入口の女子風呂の看板を外し、男子風呂に交換し、風呂に入りました。

話し相手が居ないのが少し残念でしたが、貸し切り風呂は最高です。

サウナに入り、水風呂に浸かり、入浴タイムを満喫していました。ちょうど浴室の入り

口横にあった水風呂から上がり、入口の前に立っていた、その時です。

 

ガラガラ~

浴室のドアが開いたのです。

ふと、ドアの向こうを見ると、なんと

 

全裸の女性が立っているのです。全裸ですよ。

 

こういう時って不思議と、言葉が出ないものですよね。

しばらく、全裸の二人が向き合って、茫然としていました。

お互い、何も隠さず、女性はドアを開けた時の姿で、私は水風呂から上がり、別の浴槽

へ向かう途中の姿だったと思います。

距離でいうと、1m程ってところでしょうか。

 

「なんで、女の人が?」

 

私はどうぞ、と女性を招き入れ、素早く入れ替わるように、脱衣室へ出ていきました。

 

ドアを閉めた瞬間に、恥ずかしさより、罪悪感が湧いてきて、

「やばい、やばい問題になるかも、、、」

しかし、頭に浮かんでくるのは「先ほどの女性の裸」、私の頭は裸に支配されました。

しばらく、女性の裸の余韻に浸りました👈この頃からアホでっせ(笑)でも男ならこうなるはず

が、エライことに気付いたのです。

「ロッカーの鍵がない!!!」

サウナに入る際に、ロッカーの鍵を、サウナ室の前の物置棚に置いたままだったので

す。

 

「もう一回、入らないと駄目なのぉ~」

 

しかし、このまま居るわけにもいきません。

第二、第三の入浴女性が現れるかも知れません。

そうなれば確実に私は変態確定です。

 

 「だって、私は全裸ですから( ノД`)シクシク…」

 

もう、悩んでいても仕方ない。思い切って声を掛けました。

「すみませ~ん、ちょっとよろしいでしょうか」

「はい?」

「ロッカーの鍵を浴室に忘れたので、取りに入りたいのですが」

「えっ?はい、、、」

「すみませんが、どこかに隠れてもらえませんか」

「わかりました。」

「もういいですか」

「もういいですよ」 

いい大人が、深夜の浴槽でかくれんぼしてるみたいで面白いですね。 

「では、はいりますね。」

「はーい」

私は、速足で、周囲には目もやらず、サウナ室を目指しました。

サウナ室は少し入り組んでいるところにあるので、気付かなかったのですが、

 

「えっ?そこなの。よりによってそこなの?」

 

何と、女性が隠れていたのが、サウナ室の前でした。

これが、本当のかくれんぼなら「やったー見っけ」と言ってタッチすれば私の勝ちです

が、、、幸い、女性はタオルで隠せるところは隠してくれていました。

しかし、本日2度目ご対面です(笑)

私は、鍵を取り、すぐに反転し、「ごめんなさい」と言いながら浴室から出ました。

 

大人の対応

風呂から上がり、受付事務所で、へこみました。

明日、施設長の耳に入ったら、怒られるやろなぁ~。仕事が無くなったら会社に怒られ

るやろなぁ~

でも、よく考えたら、私は悪くない。案内もした、看板も掛けていた。

いやいや、女性の裸を見ていて、悪くないわけがない。

 

すると、ドアのノックがしました。

ドアを開けると、一人の女性が立っていました。

「はい、どうかしましたか」

「先ほどは、お風呂で、すみませんでした。」

「えッ?あっ・・・こちらこそ、すみませんでした。」

じつは、私は近眼で、顔をはっきりと覚えていなかったのです。

女性が言うのには、部屋でウトウトとしていて、風呂の時間のことを忘れていたそうで

す。急いで風呂に来たのですが、眼鏡をしていなくて、看板を見落としたそうです。

「本当にすみませんでした。ゆっくりされていたところを、邪魔してしまいましたね

ルール違反をしたのは私なので、私のことは気になさらないでください」

と、缶コーヒーをくださいました。

「私の方こそ、すみませんでした。目が悪いのですか?一緒ですね」

「お互い、目が悪くて良かったですね」

 

ものの、5分程の会話でしたが、私は、この方のお気遣いに感服しました。

そして、女性のやさしい笑顔に、罪の意識も消えていました。

 

裸を見られたんですよ。それも2回。怒ってもいい事ですよね。

でも、自分が悪いと認めてしまえる、心の清い方でした。

こういう方もいるのですね。すごく気持ちが良かったです。

 

これが、この仕事の役得です。

 

皆さん、裸を見たのが役得ではないですよ~(笑) 

 

f:id:kakadaisyou:20201018201305p:plain



 

皆さん、注目ですよ