【ニコンB500】カメラが届きました


スポンサードリンク

f:id:kakadaisyou:20210123160423j:plain

 

皆さん、こんにちは。

今日は雨です。

外出したかったのに、残念です。

そうそう、ついに来ましたぜ。届きましたぜ。

そう、実は、数日前にカメラが届きました。(👆届いたカメラです👆)

何枚か写真を載せたかったのですが、諦めます(T_T)/~~~

 

ついにカメラが届きました

カメラをご説明します

Nikon  COOLPIX  B500

有効画素数:1602画素

撮像素子:1/2.3型 原色CMOS

レンズ:光学40倍ズーム

液晶画面:3インチ チルト式

 

ここからは、カメラとガメラの違いぐらいは判る程度の、ドが付くド素人が書きます。

カメラの事をよくご存じな方は目をつぶっていてください。

 

このカメラは、「コンデジ」という種類に分類されます。

コンパクトデジタルカメラを略して「コンデジ」と言います。レンズが固定されたデジタルカメラです。ひと昔前まではデジカメと言えば「コンデジ」を指していたのですが、スマホの普及と共に主役の座を奪われ、衰退していきました。スマホ同様、手軽さと携帯性がいい

 

「コンデジ」上位機種には、「一眼レフカメラ」があります。

コンデジと違い、交換レンズがあり、レンズを変えることで、様々な場面で、高画質で

多彩な表現の写真を撮影することが出来るようです。

 

なぜ、Nicon B500を選んだのか

①スマホとの使い分け 

スマホのカメラは侮れない。

SNS全盛の昨今、「手軽さ」「綺麗」何より写真を撮ってからの処理・連動性がスマホ

の方が早くて楽ですね。カメラがスマホに勝てないところだと思います。

ただ、スマホで写真を撮っていて、いつも思うのが、望遠機能です。

実は、昨年の「中秋の名月」をスマホで撮影しようとしたのですが、、、当然駄目でし

た。

やはり、望遠機能はカメラには勝てない。

だから、「カメラが欲しい病」が発症しました(笑)

スマホはすぐにシェア出来る手軽さ。

カメラは大切な1枚を残すツール。

 

②機動性

一眼レフカメラも考えたのですが、レンズの持ち運びを考えると、機動性に劣るのかな

と考えました。このB500はポケットに入ったりするものではないですが、ウォーキング

のお供ならいけるかな。

このサイズで、望遠が効くならOKだと思います。

被写体を見つけたら、さっとカバンからカメラを出せば、撮影可能です。

まだ、試していませんが、、、、

 

③電源が乾電池

ある意味、これが決め手になりました。

私、以前持っていたカメラのバッテリーの充電忘れで、何度も痛い目に合いました。

当然、バッテリー充電にはコンセントが必要です。

でも、コンセントがある環境で写真を撮るってありませんよね。

予備のバッテリーを用意すればいいのですが、それはそれでコストが、、、

 

乾電池なら、エネループやエボルタといった充電池を使えば、節約になります。

万が一、外出先で充電切れに遭遇しても、コンビニで乾電池は手に入ります。

単三型乾電池4本が必要となります。

 

因みにエボルタは元々のPanasonic社製の充電池、エネループは旧三洋電気社製の充電池です。両社が経営統合し、Panasonicが販売継続しております。

この充電池の大まかな違いは、一度充電すると長く使えるエボルタ、繰り返し充電できる回数が多いエネループと言われています。

 

 

 

外観お披露目

f:id:kakadaisyou:20210123155648j:plain

f:id:kakadaisyou:20210123155801j:plain

f:id:kakadaisyou:20210123155819j:plain

 

おわりに

これから、良い写真を皆さんにお披露目できるように 、勉強します。

ブログのネタになりそうなので、頑張って写真を撮って来ます。

最後になりましたが、このカメラで撮ったお月さんを貼っておきます。

では、また。

f:id:kakadaisyou:20210122001903j:plain

 

f:id:kakadaisyou:20201107112911p:plain

 

皆さん、注目ですよ