悟りを開こうとしたが、無理だった話


スポンサードリンク

f:id:kakadaisyou:20210402175351p:plain

 皆さん、わんばんこ。

前回の記事では、たくさんのスターをありがとうございました。

また、温かいお言葉に、感動いたしました。

なんか、エンディングテーマが流れ出してきて、

「これって最終回?卒業式みたい」と錯覚してしまいました。

皆さん、さすがブローガーさんです。

文章が上手ですね。

でも、残念ながら、このブログはもう少し続けさせていただきます(笑)

 

悟りを開こうとしたが、無理だった話

 

新年度の日

4月1日、新年度。

私の会社でも、例年に比べて規模は小さいが、人事異動がありました。

成績不振のため、チームが1チーム解散しました。

そして、女性新人さんが2人も入社してきました。

今年は採用なしと聞いていたのですが、めでたい話だ。

・・・何人かいましたが、男は興味ないので話には出て来ません(笑)

 

高校卒業した子と短大卒業した子。

二人とも初々しい。

いやぁ~春って感じですよね。

新人さんの挨拶が終わってから、お局ちゃんが

「あんた、鼻の下がエライことなってるで、、嬉しそうな顔してアホか」

毎年言われているような、、、

嬉しいのだから仕方ない。

でも、入社してくる子は、もう娘と年が変わらなくなってきた。

おっさんになったんですね(T(T_T)/~~~

 

さて、本題に。

 

新年度の騒動

 

1月以上前に、あるチームの解散の報告を受けていました。

そのチームのリーダーは、もう数少ない、私よりも前に入社した先輩なのですが、

この人の異動先で、ひと悶着ありました。

敢えて「こいつ」と呼ばせてもらいます。

こいつは、本当に嫌な奴で、正直大嫌いなんです。

 

若い頃から、よくいじめられました。

先輩は絶対。私のポリシーなのですが、こいつとは何度か衝突しました。

こいつは何故か、昔からお局ちゃんに厳しいのです。

私の愛おしいお局ちゃんをいじめるなんて言語道断ですよね(笑)

まぁお局ちゃんの愚痴を聞いていて嫌いになったのかも知れません。

 

しかも、私が一時期、ちょっと精神的に参っていた時期に、

「大笑はもう終わった」なんて陰口を叩きやがっていた(# ゚Д゚)

まぁ先輩なので、我慢はしましたが、とにかく関わりたくない奴です。

普通、そんなこと言います?

 

人としてどうなの?ってリーダーなので、チームの成績なんて伸びるはずない。

解散して当たり前です。

 

「こいつ」の異動先

 

さて、「こいつ」を誰のチームで引き受けるのか?

私達の関心はそこにありました。

1月に私を含む、数人のリーダーが常務から呼ばれました。

「誰か○○を引き受けてくれへんか?」

「NO!」

全員一致のNO!

年上で扱いにくい、しかも、それほど仕事が出来るわけでない。

私のチームに入れたら、A君・B君は、絶対いじめられる。

事務員ちゃんはかつて、短期間でしたが「こいつ」のチームに在籍した経験が有るので

「こいつ」と一緒に仕事をするのは、「全力で拒否」と言ってます。

ですから、私のチームでは引き受け出来ませんと常務には伝えました。

年齢も近く、付き合いも1番長い私が嫌なのですから、他のリーダーが引き受けるはず

もない。

大企業には無い?茶番劇の始まりです(笑)

 

 

決まらない異動先

 

最終的には常務の判断になるのでしょう。

そこが一番不安でした。

嫌な予感は的中です。

2月のミーティングで常務のゴリラなで声

「大笑ちゃん、頼むわぁ~、面倒見たって。本人はお前のチーム希望なんよ」

 

「嫌です」

無理な物は無理。

 

常務も、私がここまで嫌っているとは知らなかったようです。

それに「こいつ」がここまでみんなに嫌われているのは誤算だったのでしょう。

 

いよいよ、大御所の登場です。

後日、社長がミーティングに参加してきました。

社長「大笑ちゃん、頼む。ここは男気を見せてくれや」

常務「大笑ちゃん、折れてくれ」

うちの経営陣は俺の事をなんや思てんねん、、、(# ゚Д゚)

 

私は社長が「こいつ」ではなく、「こいつ」の家族を思って頼んできているのは知って

ました。高校生の娘さんがいたはず。

「親が馬鹿でも、子供には罪はない」

社長の口癖です。だから子供が離れるまでは、社員に対して寛容な人なのです。

 

そうそう、それが筋ってものでしょ

 

3月に入り、常務から呼び出されました。

「大笑、お局ちゃんから事情は聞いた。無理を言ってすまんかった」

「それでどうしますの?」

「俺が面倒みるわ。あいつを入社させたのは俺やしな」

そうそう、最初からそうすればよかったのよ。

でも、内心、常務には申し訳ない事をしたと思っています、、、

今回は、甘えさせてもらいます(笑)

 

 

 

「弱い者ほど相手を許すことが出来ない

 許すということは、強さの証だ」 ガンジー

 

いつまでも、グジグジと根に持って、情けない男です。

スッキリとした気持ちで受け入れてあげればいいのに。

本当に心の狭い人間です。

本当に弱い人間です。

 

 

でもね、ガンジーさん、私は弱い人間でいいです。

「こいつ」とは一緒には仕事はできない。

許す、許さないではなくて、大嫌いなんだから。

 

 

こうして、大笑は悟りを開こうとしたが、無理でした。

私は、大好きな人と、大嫌いな人とは一緒に仕事をしないようにしてます。

大好きな人には情が邪魔してしまい、判断が鈍る。

大嫌いな人とは、感情を共有できない。

 

 

最後に

 

毎年、桜の開花とともに、魔物の呪文が耳から離れません。

「大笑、ええ加減、チームに入れてよ~」

「いやいや、事務員ちゃんが居るから、、、大丈夫です」

「両手に花やで、想像してみ、美人事務員が二人やで~仕事が楽しいで~」

 

お局ちゃんの売り込みが、ここ数年の春の風物詩になってます。

事務員ちゃんはウエルカムのようです。

まぁお局ちゃんも、どこまで本気なのかわからない。

そもそも、事務員二人も要らんやろ。

 

お局ちゃん、ほんまゴメンな。

でも、大好きな人とは仕事はしたくないんよ。

おわり

f:id:kakadaisyou:20201107112911p:plain

\\応援よろしくお願いします//

 

👇👇愛のクリックを👇👇

 

 


人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

皆さん、注目ですよ