【半沢直樹】辞表はサラリーマンの最後の武器

f:id:kakadaisyou:20200928205924p:plain



皆さん、こんにちは。

この前の日曜日についに「半沢直樹」が最終回を迎えてしまいました。

楽しみが一つ無くなってしまいました。

最終回で一番印象に残ったのは、大和田常務VS半沢直樹でもなく、箕部幹事長に啖呵を

切った場面でもないんです。

花ちゃんこと上戸彩さんが、言ったセリフなんです。

長いので前半の部分は省略しますが、

「・・・・・お前なんかいらないと言われたら、こっちから辞表をたたきつけてやりな

さいよ。サラリーマンの最後の武器でしょ」

私はズレているのかも知れないですが、ここが一番印象に残りました。

花ちゃん最高です。

このセリフを聞いて少し思い出したことをお話します。

 

退職願を出した日

私は今の会社で、1度だけ退職願を出したことがあるのです。

私が40歳くらいの時に、先輩とトラブルを起こし、責任を感じ、退職願をオーナーに出

しました。トラブルと言っても、酒の席で取っ組み合いの喧嘩になり、手をあげてしま

ったのです。大したことではなかったのですが、先輩に手をあげてしまったことは、私

にとって絶対に有ってはならない事でした。

 

その先輩は、最悪な先輩で、私の後輩もかなり嫌っており、会社でも嫌われ者の部類に

入る方なのです。とにかく性格が悪い。自己中心的な人です。

・夕方に書類を後輩に渡し「明日までに積算しとけ」👈これは私もよくやられました。

・お客さんのトラブルは後輩任せ、でも手柄は自分

・自分は絶対に定時帰り

・酒の席では後輩に説教(絶対正座をさせる)👈これもよくやられました

・暴言は当たり前

・他多数の後輩からの苦情あり

この人への文句を言い出したら2000字ブログを5話くらいかけそうなので、この辺にします(笑)

ただ、この人はきっと地球外生命体なので、人の心はなんてものは持っていません。

コンプライアンスなんてものは通用しません。

 

 

 

ウチの会社のオーナーはとにかく義理人情の厚い人で、会社創業の頃からのメンバーに

は苦労を掛けたということで、創業メンバーには少し、いや、滅茶苦茶甘いのです。

その先輩も、創業メンバーの一人だったのです。

 

私は、創業メンバーに年も近く、創業期の先輩方の苦労も知っていました。オーナーの

思いも理解していましたので、辛抱をしていましたし、先輩を立てて来たつもりです。

ただ、私より後に入社してきた若いスタッフはそうもいきません。昔のこの会社を知り

ませんから仕方ありません。ある意味超ブラックでしたよ。

今までは何とか後輩にも辛抱するように言い聞かせて来ましたが、その私が先輩とトラ

ブルを起こしてしまったのです。

 

翌日、社長室に呼ばれ、事情を聞かれましたが、黙秘権を行使しました(笑)

以前、お話をしましたが、震災後、職をなくし、いろいろと悩んでいた私を拾ってく

れ、育ててくれたオーナーに対しての恩義があり、皆、仲良くして欲しいというオーナ

ーの願いを理解していたつもりでしたから、

「何があっても創業期メンバーには敬意を持って接する。それが自分の務め」

これが、唯一出来る恩返しであると、私が私に言い聞かせてきたものでした。

何を聞かれても答えない私に、呆れたのか、「仕事に戻れ」と一言。

 

翌日、退職届を上司に渡しました。

そして、オーナーに呼ばれました。

オーナー「なんやこれは?」

大笑「自分がトラブルを起こしたら、下に示しがつきません、辞めます」

正直、本心ではなかったのですが、、、、

オーナー「お前が責任を感じることか?悪いんは○○やろ」

大笑「・・・・・」

オーナー「わかった、受理したる。但し、○○もクビや。喧嘩両成敗でええやろ」

 

さすがはオーナーです。私の性格を良く解っている。

先に手を出しておいて、先輩を巻き込んでしまうと、私のメンツが立たない。

こういうところは不器用なんですよね。

「オーナー、そうゆうとこはいつもズルいですよ。」 

「ワシが悪い。過保護にし過ぎとるからなぁ。けどな、今更他所に行くくらいやったらここで、我慢せえ。○○もお前もみんな家族やからな」👈口癖です。

 

この言葉で私はノックアウトです。私はオーナーに甘過ぎです(笑)

まぁ初めから分っていたことですが、オーナーには絶対に勝てるわけないわな

ぁ、、、、(涙)言葉の重みが違います。

 

辞めた後の事なんか考えていませんでしたし、勢いだけで退職届をだしたので、正直

内心ビビッてました。ええかっこし~はあきませんな。

 

いい会社でしょ。私は大好きな会社です。

因みに、今私は先輩より役職は上になりましたが、扱いは昔のままです。

日本の国は難しい序列がありますよね。

そして皆さんも地球外生命体には気を付けましょうね。 

最後に

 

皆さん、少しお勉強です。

「退職届」「退職願」「辞表」の違いって知ってましたか?

 

退職願

寿退社や転職など、自己都合で会社を辞める場合に提出するのが「退職願」です。

「退職をしたいのですが、如何でしょうか」と願い出る書類ですから「提出→即退職」

にはなりません。あくまで「提案」ですので、会社側が承諾する前でしたら、撤回する

ことが出来るのです。

 

退職届

退職したいと意思表示しているにも関わらず、会社側がこれを拒否して、円満に会社を

退職できなかった場合に、労働者側が雇用契約を一方的に解約するために提出するの

が、「退職届」です。一方的に提出する書類ですから、会社側が承諾したか否かは関係

なく、受理した時点で、退職が即決定することとなるのです。

 

辞表

会社の運営に関わる、役員以上の方や、公務員などが辞める場合に提出するのが「辞

表」だそうです。会社によっては「課長」以上の役職の人が対象になることもあるそう

です。

 

オチではないですが、半沢直樹を見た後に、嫁さんに聞きました。

大笑「今、俺が会社辞めたらどうする?」

鬼嫁「はやテレビに影響されてるやん!辞めてどうするんよ。絶対認めん!」

鬼嫁「100まで働いてもらわんと困るわ」

洒落たこと言わんでええから、ハグしてくれよ~、ここはそれやろ~っ

 

花ちゃんみたいな嫁さんがいいです~っ(涙)

どこかに居ませんかぁ

 

本日もありがとうございました。

では、また。

 

皆さん、注目ですよ