竹内結子さん

f:id:kakadaisyou:20200927125036p:plain

皆さん、こんにちは。

 

今日は、ブログは休みのつもりだったのですが、簡単ですがUPさせていただきます。

 

もう皆さんもご存じだと思いますが、今朝、ネットニュースで、女優の竹内結子さんの

訃報を知りました。

普段から、あまりテレビは見ないのですが、この方のドラマは欠かさず見ておりまし

た。

とにかく笑顔が素敵な方で、可愛らしさと、凛と一本筋と通った強さを感じる、大好き

な女優さんでした。

まだ、死因は特定されていないため、その部分に関しては詮索はしませんが、今年、出

産されたばかりということで、いたたまれない気持ちでいっぱいです。

 

ここ数週間で、芸能人の方の訃報をいくつか目にしました。

その中には自ら命を絶つという辛いものもありました。

何故、自らが自らの命を絶とうとするのか。

本人にしか解らない事なのかも知れません。

いや、本人が一番解らなくなっているのかも知れません。

 

昔の話ですが、私の高校時代の後輩が、自ら命を絶ちました。

理由は会社での対人関係と聞いております。本当のところは誰も解りません。

でも、解っていることは、周囲の人間は、深い悲しみに打ちひしがれるのです。

故人と仲の良かった後輩は、命を絶つ少し前に、電話で故人と話をしたそうです。

彼は、「止めることが出来なかった」「何か伝えたかったのか」いろんなことをいまだ

に悔やんでいます。恐らく彼の残りの人生は、故人との楽しい思い出より、その後悔の

念のほうが大きく残るのではないか。

 

 

著名人のこういったNEWSは、嫌でも注目されます。メディアは、報道を飯のタネにし

ているのですから、仕方ないのですし、良い報道の在り方なんて私には解りません。

ただ、私はこういった報道に対して非常に嫌悪感を抱いています。何より寂しさを感じ

ます。

センセーショナルに報道し、その人物のストーリまで入れ視聴者に感情移入をさせ、ひ

どい場合はどのように命を絶ったかまで記事にする。

そこには残された方々の気持ちや、同じように悩んでいる人々の事を全く考えていない

のではないか。

そして、時間が経てば、飽きたように記事も消えていく寂しさ。

打ち上げ花火的な報道は、誰のために、何のためになされているのか疑問ですし、とて

も不快に感じます。

皆さんも想像してください、今頃テレビ局は、特番編集に追われています。

これもメディアの使命なのでしょう、わかるのですが、興覚めしてしまいます。

 

私は、「自らの命を絶つ」ことは理解できない。

 

もし、読者様の中で悩んでいる方がいるなら、思い出してください。

あなたの周りには、あなたを必要としている人がいるかもしれない。 

何より、残された人間の悲しみを考えて欲しい。

 

故人のご冥福をお祈りいたします。

 

読者さま、殴り書きで大変申し訳ございませんでした。

良い一日を。

皆さん、注目ですよ