【2021年手帳】来年の手帳を考えてみた

f:id:kakadaisyou:20200830132101p:plain 

皆さん、こんにちは。

もう9月なんですね。今年も早いもので、残り4ヶ月になりました。

毎年、この時期になりましたら、来年の手帳のことを考えます。

文房具屋さんに行くと、手帳コーナーであれでもない、これでもないと悩んでいます。

またネットショップでの新製品のチェックは欠かせません。

それがたまらなく楽しいのです!

 

 

今使っている手帳がA5サイズのシステム手帳なのですが、少し大きい、、、私は手帳の

空白が多いと何故かモチベーションが下がります。変ですかね?

来年は、サイズを少し小さくしようと考えています。

 あまり書くことが無いもので、、、( ̄▽ ̄;)

まじめに仕事をしないと駄目ですね、、、

 

 

 

来年の手帳は、小ぶりのシステム手帳を探してみることにしました。

ここ何年かシステム手帳を使っていたので、慣れている物の方がいいと思います。

システム手帳なら、どんどん紙を入れ替えていけるので、思い存分、落書きできます

ね。では、頭を整理していきたいと思います。 

 

自分に合った手帳とは

 

 

◆自分に合った手帳とは◆ ①それほど細かいスケジュール管理は必要ない
②A5サイズでは大きい
③手帳の厚みは要らない
④カバーは本革がいい

 

①それほど細かいスケジュール管理は必要ない

私の今の部署では、一日に何件もアポイントを取ったりすることもないので、「マンス

リータイプ」でのスケジュール管理で十分なんです。

手帳の種類はたくさんあります。仕事の業種や、用途で利用する手帳も変わってきま

す。代表的な手帳の種類をご紹介します。

 

◆月間マンスリータイプ◆ 【おすすめポイント】
■一月の予定が一目でわかる一覧性がいいので、スケジュールが管理しやすい
■使用している紙の量が少ないので、軽くて、薄いので持ち運びやすい
【残念なところ】
■スペースが小さいため、記入できる情報が限られる
◆週間バーチカルタイプ◆  【おすすめポイント】 
■会議や打合わせなど、細かな時間管理が必要な職種の方におすすめ 
■開始時間や終了時間が一目で解る
【残念なところ】
■時間管理が不必要な人は手帳の空欄が増えてしまう
◆週間レフトタイプ◆ ※ページを開き、左側に一週間の予定、右側はフリースペース
【おすすめポイント】
■右側のフリースペースに色々な情報を加入できる
■一週間毎の予定を中心に管理される人向け
【残念なところ】
■時間管理の多い方には不向き

 

 他にも「週間ホリゾンタルタイプ」「週間ブロックタイプ」「1日1ページ」などがあり

ます。ここ数年、色々なタイプの手帳が出てきており、よく探せば、自分に合ったタイ

プが見つかるかも知れませんね。

 

②A5サイズでは大きい

 
システム手帳のリフィルのサイズは、下記サイズ表を参考にしてくだされば解りやすいのです。この表は自作なもので、バランスがあまり良くないですね、、、許してくださ
い。
 

f:id:kakadaisyou:20200831223833j:plain

 

 A5サイズ

とにかくたっぷり書きたい人はA5サイズ一択でしょう。私は今A5サイズのシステム手帳

を使っていますが、一番便利なのは、A4の半分がA5なので、A4の書類を半分に折って

収納できるところです。 ただ、持ち運びには少し大きいかもしれません。

今回は見送りです。

 

ミニサイズ

小さいサイズは魅力なのですが、老眼の私には少し不便があるかもしれません。

ただ、持ち運びには最高ですし、とにかく手帳を手元に置いておきたい方ならいいかも

しれませんが、今回は見送りです。

 

バイブル・ナローサイズ

今回、注目はこのサイズです。ナローサイズはスーツの内ポケットにも入るそうで、な

かなかの機動力を持ってますね。今の私の手帳の使い方ならこれくらいのサイズが大き

過ぎず、小さ過ぎずで、使い勝手がいいのかも知れません。
 

③手帳の厚みは要らない

 

先ほど、少し触れましたが、今の手帳は、資料などをたくさん挟んでおり、そこそこ分厚くなっています。これがまた使いにくい! 

肝心な時に、資料が見つからない、、、探す気にもならない、、、

いや、手帳に罪はない、使い手が悪いのでしょう。

 

また、システム手帳には、リフィルを入れるリングがあります。

リングの径の大きさは8mm~30mmくらいまでありますが、径が大きくなればリフィ

ルもたくさん挟みことが出来ます。その分手帳が分厚くなってしまいます。

また、私が思うシステム手帳の最大の欠点は、文字を書くときにこのリングが邪魔にな

るのです。

ですから、リングの径は小さいものを探しています。但し、リフィルはたくさん挟めま

せん。

 

④カバーは本革がいい

f:id:kakadaisyou:20200831234102j:plain

ここは譲れないところなんですが、本革のカバーがいい

革が経年劣化し、風合いが出て来ることを、「エイジング」と呼びますが、革製品を持

つ醍醐味の一つですよね。これを楽しみに長期間、手帳を大切にするし、めちゃくちゃ

愛着が湧きます。

ただ、金額が高くなることがネックでしょうね。

 

最後に

毎年、この時期は楽しくて仕方ないです。

ここ数年はリフィルだけを購入していたので、「システム手帳カバーを買う」ってだけ

でテンションが⤴⤴⤴

良く思うのですが、欲しいものを物色している時が最高に幸せなんでしょうね。

 

また、手帳を購入したら、記事にしたいと思います。

最後まで読んでいただき、有り難うございました。

皆さん、注目ですよ